リンリンハウスと同じMAXグループが運営しているツーショットダイヤルのMGIを発見、この運営会社だったら間違いがないと思い使ってみましたが、まさにドンピシャな答えを得られたのです。
電話することになった女性がエッチ気分で、すぐに電話エッチを始めることになりました。
久しぶりのテレフォンセックスはやはり刺激が強く、またどこか懐かしい気分にもなっていました。
相手の声が耳元で聞こえる、それもエッチな声なのですから、こちらも大興奮になってしまいます。
相手にオナ指示を出していき、さらに感じさせていきました。
エッチな言葉を使いながら相手の気分を盛り上げ、女性のアヘ声を聞きながら興奮しチンコをスリスリやり続けてしまったのです。
「あっあ~っダメェ、もうだめ、あっあっあっあぁ…あ~ん、いいっいいっ、あっ、あっ、逝くぅ…」
彼女の絶頂の声を聞き、そして自分もそれに合わせて精液を出していきました。
物凄い余韻が射精の後、襲ってきたという感じでした。
激しい興奮の後の沈黙、リンリンハウスで味わったようなあの感覚を持ったこの年齢で楽しむことができてしまいました。
素晴らしいテレフォンセックスに、再び感動を覚えてしまったのでした。
さすがにMAXグループ嘘はありません。
エッチな女性と通話しながら共にオナニーで絶頂を感じ、至福の一時をエンジョイすることができたのですからね。
久しぶりの興奮に、何とも言えない高揚感や激しい射精の後の脱力感を感じてしまっていました。

 

 翌日会社に出向くと、部下から声をかけられたのです。
「何だかすごく機嫌が良さそうですけど、良い事でもあったんですか?」
昨日の電話エッチですっかり気分が良くなっていて、表情に出てしまっていたようでした。
「久しぶりに奥さんと楽しんだですか?」
若い部下がからかうように言ってきました(笑)。
「妻よりも激しい楽しみを、久しぶりに味わったからな」
素直な感想を部下に話してやったのです。